盗聴器が取り付けられる場所と盗聴器の種類

盗聴器が発見される場所

盗聴器の発見される場所と、盗聴器の種類には関係があることを知っているでしょうか。

盗聴器が仕掛けられて発見される場所というのは、特殊な場所が多く、そんな特殊な場所に取り付けることが出来る盗聴器というのも、特殊な機器といえます。

テレビドラマなどでよく見る盗聴器は、小型で黒く小さな箱型のものが登場していることもあり、多くの人は盗聴器の外見が『黒くて小さな箱』と認識していることがあります。

これは間違いではないのですが、この認識が邪魔をしてしまい、盗聴器発見が困難になることもあります。

盗聴器は、黒くて四角い小さな箱と思っていると、自宅のパソコンなどの周辺機器の内部に仕掛けられていることに気がつかない人もいます。
電化製品、精密機械などの近くは電源を取ることが容易なため、例えばパソコンのマウスの中で仕掛けていたり、冷蔵庫などの大型家電の裏に、偽装して取り付けられていたりと種類も様々で、取り付けが出来る場所も様々です。

時には電話回線の中に盗聴器が仕掛けられることもあり、素人では見つけること自体が困難な場所に取り付けられることが増えてきています。

そのため、盗聴器だけではなく電子機器などの専門の知識を持った発見業者が必要になってきているのです。