盗聴器が設置される場所を特定しましょう。

基本的にどこへでも設置可能です

「盗聴器」などというようなものは、映画やテレビの中の世界でしかなかったような気がしますが、最近は普通の会社や家庭でも仕掛けられることがあるというので驚きです。

盗聴器にはさまざまなタイプがあって、もし電源がコンセントから供給できるものであれば、半永久的に作動して電波を発するといいます。

価格帯としても性能や型状態によってもさまざまですが、数千円や高性能であれば10万円程度で手に入れることができるといいます。

しかも設置や受信ということでは特別に知識も必要なく仕掛けることができるといいます。

しかし、盗聴器や盗撮器などの設置では、電波法や電気通信事業法、有線電気通信法に違反しているということです。

盗聴器の分類としては、探偵などのプロフェッショナルによって仕掛けられるものや、興味本位や嫌がらせ、監視や確認のためのもの、主に車両などに取り付けられるものなどがあります。

使用電源で分類すると電池式や寄生式の2つがあって、電池式は基本的にどこへでも設置可能です。寄生式は家庭用電源や電話回線などを電源とするものです。

仕掛けられるものとしては日用品などに偽装した盗聴器が好んで使われるといいます。たとえば筆記用具や電卓、ぬいぐるみなどです。